読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康第一

健康第一

大逆転!スーパー糖尿病改善プログラム

これから一般にまだ出廻っていない糖尿病の改善方法を公開します。

 

もしあなたが「糖尿病をなんとしても解決したい!」と思っているのでしたら
今から5分ほど、この手紙を読み進めてみてください。

順を追って糖尿病の原因と改善の手順をご説明します
まずは、実際に糖尿病の悩みから解放された方の感想をお聞きください。
 

1血糖値が下がったので薬の種類が減りました
岡山県 古川 正子様 58歳)

数年前に糖尿病と診断されてから、
食事療法や運動療法をやってきました。

症状はそれほど進行しないのですが、
血糖値は思ったように下がらず苦労していました。

食べたいものを我慢しているストレスが溜まりますし、
運動もあまり好きではないのに無理してやっていたので毎日が苦痛でした。

そんな時に大逆転!スーパー糖尿病改善プログラムを教えてもらったのですが、
無理なくできそうな方法だったので試してみることにしたのです。

すると、口の中が異常に渇くなどの糖尿病の症状が、
徐々になくなってきてきました。

血糖値も下がってきたので薬の種類も減りました。

この方法は私に合っていると思うので、
これからも続けていこうと思っています。


2数値が正常の範囲におさまっていると言われました
(神奈川県 山木 義孝様 33歳)

会社の健康診断で、
糖尿病予備軍だから気をつけるようにと注意されました。

父親も糖尿病を患っているので体質的に危ないと思い、
この改善術をやることにしました。

糖尿病対策には様々な方法があるようですが、
仕事が忙しい私にとっては、
自分のペースでできるこの改善術が向いていると思いました。

実際にやってみると、
自分のペースや生活リズムに合わせてできる方法だったので助かりました。

マニュアルに書かれていることを忘れないように日常生活を過ごし、
数ヵ月後に再検査を受けたところ、
数値が正常の範囲におさまっていると言われました。

ここで油断をせずに、
これからもこの改善術を実践していきます。

身体がだるい・・・ それがきっかけで自分の病気を知ったAさんの場合。


Aさんは45歳の主婦です。

体格のいいご主人と、同じく恰幅のいい子供2人の4人暮らし。
結婚前は細身だったのですが、家族がよく食べるので、ついつい自分もつられて食欲旺盛に。

気付けば、後ろの人が隠れる位のビッグマザーになっていました。
ただ社交的な性格なので、子供の部活の炊き出しや学校のバザーなど、活発に動き回る毎日。

「大きいのに、動けて健康的なママさんだわねー」
と、よく言われていました。本人も、それは褒め言葉だと捉えていた節があります。

風邪もひかないし、毎日よく笑ってよく食べるし、おまけによく動いているし。
太っていること以外に何も困ることはない…そう思っていたのです。

しかし、ある日衝撃的な出来事が起きてしまいます。

「なんだろう…身体がだるい…」

ちょうど前日は運動会でテントの設営を手伝ったり、かなり疲れていました。
もしや、疲れて抵抗力が弱り、風邪にかかったのかもしれない。

そう思って一日休んだのですが、次の日になっても、3日過ぎても倦怠感は続きます。
のども渇くし、足が突然つったりもします。

「風邪と疲労が一気にきて、こじれたのかしら?」

寝てばかりの毎日が続くと、さすがの健康自慢も不安になります。
何かいい薬を出してもらおうと、家から近い個人病院へと向かいました。

そこで、さらに衝撃的な現実に直面することになります。

「Aさん、血液検査しましょうか」

えっ!なんで!?
てっきり風邪だと思っていた彼女には、血液検査の意味が分かりません。

しぶしぶ看護婦に腕を任せ、試験管数本分の血液を採取されました。

そして一週間後、出た結果は、、、
まさかの「糖尿病」だったのです。

医師から突きつけられた、「糖尿病」という現実


「どうして?太っていたのは、今に始まったことじゃないわ。なんで今さら糖尿病?」

医者の話だと、かつて肥満だった時期にインスリンの分泌が減り、
後になって糖尿病になるケースもあるとのこと。

しかし、ショックで現実を受け入れられないAさん。

茫然としている彼女に、次々と辛い指示が下されました。

「まず運動してください。それから糖分の高いものは食べないように。果物も駄目です。
 大根、豆腐、こんにゃくは沢山食べて。食事する時はよく噛んでください。それと…」

矢継ぎ早に説明されて、Aさんは目が回りそうになりました。
とりあえず分かったことは、食べてはいけないものが多いということ。

家族全員、食べることも飲むことも大好きなのに…
それができないとなると、まるで地獄にでも落ちたような気分になります。

しかし、前向きな彼女はすぐ気を取り直しました。
「ダイエットだと思って、頑張ろう」と。

ところが、糖尿病はただの太りすぎとは訳が違います。
毎朝、気だるさとの戦いです。

家族の朝食づくり、お弁当の準備、掃除、洗濯、、、
普段のことをこなすのも一苦労です。

いつもなら、疲れたから今日はピザでもとろう!とか外食しよう!とか言えるのですが、
そうなると自分が食べられないものが多すぎます。

体調の悪い身体で、ヘルシーな和食へと食生活を切り変える事は困難を極めました。
思うように動けず、料理もお弁当も手抜きが目立って、家族からは大ブーイング。

掃除や洗濯もテキパキとこなせなくなり、
いつしか友達からの食事のお誘いも断るようになっていきました。

辛いけれど、血糖値が下がるまでの辛抱だ…。
Aさんの顔はやつれていき、どんどん活力を失っていきました。

しかし、次の月に定期健診に行くと医師からは意外な一言。

「ちょっと、ちゃんと運動してますか?食生活の改善は?」
なんと、彼女なりに精いっぱい頑張ったのに、血糖値が下がっていないというのです。

焦った彼女は、毎朝だるさと戦いながら近所をウォーキングすることに。
しかし、その次の月も血糖値は下がりません。

「今何キロあるの?どれくらい運動していますか?」

医師は細身の女医でした。私も毎日ランニングしているからあなたも頑張りましょう、
と言われましたが、どうも乗り気になれません。

言葉では心配してくれていますが、どうも蔑むような目で見られている気がします。
悔しいな…私だって早く何とかしたいのに!

そうは思っても、なかなか下がらない血糖値。
一体、どうすればよいのでしょう?

糖尿病患者は、本当に自己管理不足?世間ではマイナスイメージが先行しています。


糖尿病の悩み、と言っても症状はいろいろあります。

「全身がだるい、疲れやすい…」
「なんだか喉が異常に渇く…」
「トイレに行く回数が増えた…」
「目がかすむようになった…」

これほど普通の状況と違うというのに、残念ながら他人には理解されにくいのが現状です。
糖尿病と言えば、太りすぎだの運動不足だの、マイナスイメージが先行しがちです。

痩せれば治るのだから、簡単な話じゃないのか?
不摂生してるから、そんな病気になってしまうのだろう。

…そんな風に、冷ややかな見方をされた経験もあるのではないでしょうか。

しかし、糖尿病は痩せた人でも起こりうる病気です。
そして、一度上がってしまった血糖値を下げるために、多くの人が辛い思いをしています。

さきほどAさんの例で述べたように、ダイエットとは違います。
健康な人が運動や食事制限をするよりも、よほどの根気と覚悟がいるのです。

しかし、糖尿病になったことのない人は、その辛さが分かりません。
本人たちがいくら真剣に悩み、苦しんでいても、冷たい目で見られる事の方が多いのです。

「もう、医者の言うことは聞かん!」自力で健康的な生活を取り戻せた喜び。

 

Cさんは、50代の頃に糖尿病になってから20年近く病院へ通っていました。
一か所ではなく、様々な病院を転々としていたのです。

ある病院では、やれ飯は食うな酒は飲むな、運動しろの一点張り。
言われた通りにしても血糖値は下がらず、とうとう通院するのをやめてしまいました。

次に行った病院では、血液細胞分析を行ない自分のドロドロの血液を見せられました。
そのまた次の病院では、2週間ほど入院し血糖コントロールを指導してもらいました。

ほう、と思って話を聞いたものの結局は、どの病院も似たようなことしか言いません。
精密機器を使う分医療費も高くついてかなわん、と通院をあきらめました。

Cさんは糖尿病患者にしては珍しく、とても痩せています。
ご飯は奥さんと同じくらいしか食べません。

運動も得意で、汗もよくかきます。
ただお酒が好きだったので、自分にできる改善方法といえば、禁酒くらいしか思いつかないのです。

医者としても、たいていの患者と違うのでアドバイスしづらいことは分かっていました。
しかし、日中気だるいのと夜間に足がしびれるのがとても辛いのです。

また、酒飲み友達が糖尿病を放っておいたら目の合併症が起きてしまい、
大手術になったと聞いて不安を抱えていました。

自分もこれ以上身体を壊すことになったらどうするか…?
もう、病院通いの生活が一生続くのか?

諦めかけたとき、ある方法に出会ったのです。

それを実践しはじめた途端、Cさんは今までと違う感覚を覚えました。
毎日その方法を続けていくと、僅かながら身体が軽くなっていく気がするのです。

そして2ヶ月後、なんと20年近く下がらなかった血糖値が下がってしまったのです!
もちろん、それ以降上昇することはありません。

身体の事を気にせず、ゆっくり晩酌を楽しむ喜び…。

その後Cさんは、病院探しに途方に暮れることもなくなり、
好きなお酒を楽しむ生活に戻ることが出来たのです。

一体、Cさんは何を行なったのでしょうか?

食事中でもトイレにいても、ふと頭をよぎる血糖値。
そんな毎日から、苦しまずに脱却できる方法があるとしたら・・・?


はじめまして、本庄といいます。
糖尿病改善のアドバイザーとして、糖尿病でお悩みの多くの方の相談にのっています。

糖尿病といっても症状は多岐にわたり、段階に応じて行なうべき対処法があります。

合併症が起きているためすぐに対処しないと危険なケースや、
逆に、気長に少しずつ改善していけば良いケースなど。

でも気になるのであれば、糖尿病の初期段階であっても治すことをお勧めしています。
気になっている時点で何らかのストレスや生活に支障が出ているからです。

私が最も気にかけていることがあります。
それは、糖尿病改善に対して殆どの方が間違った認識をお持ちだということです。

間違った認識による、間違った改善方法を行なってしまうために、
改善どころか血糖値を上げ、結果として糖尿病を進行させてしまうケースがあります。

糖尿病に対する正しい知識を身につけてほしく、
いつの頃からか「正しい糖尿病改善方法」を広めたいと思うようになりました。

多くの方の症状をみていると正しい改善方法がすぐに分かります。

様々なケースのご相談に応じて来たので、その人に必要な改善方法が
手に取るようにわかってしまうからです。

信じられないかも知れませんが、上記のCさんは、あることを短期間行なっただけで、
血糖値を下げて糖尿病の苦しみから逃れることができたのです。

強引な方法や危険な薬は一切使わないのはもちろんです。
何か高い器具を使って大がかりな治療をするということもありません。

なぜなら、その場しのぎでは解決に至らないからです。

たとえ血糖値を一時的に下げることができても、根本的に改善することとは違います。
糖尿病改善で必要なことは、原因を正しく把握し、体にやさしい方法で治すことです。

では、一体どんな方法を実践したのでしょうか?

以前、私が開発したこのプログラムを実践した方の中で、
人生を180度変えるくらい劇的な体験をされた方がいらっしゃいました。

今回はその方に許可を取り、体験談を記載させていただきます。

少し長いですが読んでみてください。
きっと参考になる部分があると思います。


人生を賭けた、糖尿病との長い闘いの末に得たもの
(栃木県 平尾様)

本庄先生のプログラムを実践した平尾と申します。

この度先生より、糖尿病症改善に関する私の経験をぜひ多くの方に共有してほしいというご依頼を受けまして、拙文ながら書かせていただく次第です。

糖尿病と宣告された時の不安や戸惑いは、
同じ悩みを持つ方にはご理解いただけるかもしれません。

お見苦しいところもあるかもしれませんが、その点はお許しください。

しのびよる糖尿病の影…

私が体調に異変を感じたのは、昇進して役職がついてからのことです。
それまで、齢50を過ぎても特別これといって疲労感やストレスを感じませんでした。

若い頃は多少無理をして、日を跨ぐか跨がないかぐらいまで働くこともざらでした。

それでも平然としていたものです。
社内の定期検診でも際立った異常がないことが私の強みでした。

その上、年を重ねていくにつれて帰社時間も早まっていました。

仕事量より責任が追求される立場になったため、
体力面で無茶をする必要がなくなったからです。

家での風呂も夕食もゆっくり十分時間を使って過ごせていました。
それなのに、ある時期から自分の体調に思わしくない変化が訪れたのです。

それまでサッと起床して朝の身支度が出来ていたものが、
身体が重い。眠気が抜けない。

最初は「睡眠が足りてないのだろう」とか「運動不足かもしれない」と思い、
睡眠時間を増やしたりウォーキングじみたことなど、あれこれやってみました。

しかし、状況は変わらない。

精神状態にも疑念を持ちました。

さして仕事に対してストレスを感じていないつもりでも、
意外とまいっているのかもしれない。

そう思い、意識して職務にあたっても
やはりそこまで過剰なストレスを感じているわけではない。

逆に、仕事が退屈でもないのに欠伸が出たり、
肩に鉛を乗せられたような身体の重さを感じたり。

昼食後、睡眠不足でもないのに急激に眠気が襲ってくることも珍しくありませんでした。

仕事中に大あくび、ましてや居眠りなど、若い社員たちに示しがつきません。
なんとかそれを堪える日々が続き・・しばらく経った後、社内で定期健診が行なわれました。

血液検査に尿検査、視力検査に聴力検査。
よくある検査のオンパレードです。

結果を見たら「要精密検査」の項目がありました。
糖尿病の欄です(尿糖定性、という値が既定値より高かったのです)。

「要精密検査」という烙印を見るのは初めてでしたので、
幾分、衝撃的なものを感じたのは今でもよく覚えております。

まさか、自分に限ってそんなはずはない。
そう思いながらもいささか胸のあたりがざわつくのを抑えられませんでした。

やはりそうか…終わりのないインスリン注射の日々

大学病院で再度、精密検査を受けた結果、
私は「境界型糖尿病」ということでした。

境界型糖尿病というのは、言ってしまえば糖尿病寸前。
血糖値が平常値と高の間にある状態です。

今まで血糖の項目で危険な値など出たことがなかったのに、急にどうして・・?
診察室である程度覚悟はできていたつもりでしたが、
やはりショックは大きく、医師の説明も上の空。

その日から、自身でインスリンを打ち血糖値をコントロールする生活が始まりました。

自分で自分に注射を打つなどという事は本当に恐ろしく、
手が震えることもありました。

しかし人間慣れです。5回もしている内に「なんだ、大したことないな」と思えるようになり、注射自体はさして苦痛でなくなってきました。

しかし、常に血糖値の値やインスリン注射のことが頭から離れません。
食事も気をつける食材が多く、なんだか食べた気がしません。

また、医療費も馬鹿になりませんでした。

マンションのローンも残っているし、その他諸々の支払いもあるし、
それに加えて毎月のコンスタントな医療費はやはり大きな痛手です。

ただ、失明や腎臓などがやられる「合併症」だけは避けたかったので
病院に通い続けました。

しかし、肝心の血糖値はなかなか下がりません。

インスリンを打ち始めた当初は、ちょっと針が触れる程度に下がったりはしたのですが、
しばらくすると打ち始める前と大して変わらない数値に戻ってしまったのです。

また私は親譲りの肥満体質で(親はそれでも糖尿病ではなかったのですが)、
医師に痩せるように言われており、野菜中心の食生活に変え体重を5キロ落としたりもしました。

たった5キロとはいえ、私にとっては大きな変化です。
それでも肝心の血糖値にさしたる変化はありませんでした。

私を奈落に突き落とす、新たな症状の数々

さらに困ったことに、新たな症状が私を悩ませました。

それまで眠気や疲労感というのが主だった症状だったのですが、
注射を打つようになってからは、それに加えて、

・考えていたことが急に途切れ、「あれ? 今何考えてたんだっけ?」と呆然としたり、
・それまでやっていた作業が何だったのかわからなくなり、思い出すまでぼんやりしていたり、

といった事が頻発しだしたのです。

これでは仕事の効率は下がる一方です。思い当たるのは、インスリン注射です。

インスリンはホルモンであり、体内で過剰分泌されることで思わぬ症状が現れることもある、と何かの文献に書いてありました。

しかし、注射をやめることはできない。
糖尿病患者にとって注射は生命線ですから。

そう思って私はインスリン投与を続けたのです。

その結果、症状が日増しに顕著になり、やがて私は別人のようになってしまいました。

とにかく日中がつらい。
時おり、自分が何をしているか判らない。
自分が自分である実感がわかない。

同僚や部下に声をかけられても、
遠くでやまびこが鳴ってるような、他人事みたいな感じ。

それが段々精神的苦痛になり、憂鬱な日々が続き、
やがて家庭内でも影響が出るようになったのです。

はじめは、妻や娘などに、よく「疲れてる?」と聞かれるようになりました。

私は虚勢を張り「全然そんなことないよ」と言っていたのですが、
段々、心配されることが煩わしく、うっとうしく感じるようになっていったのです。

職場でも家にいても、気が休まらない。頼みの綱であるインスリンも、全く効果がない。
それどころか、症状はどんどん悪化しているという現実。

段々たまっていくストレスは行き場がななくなり、
怒りにも似た感情になっていくのでした。

基本治療はインスリンのみ…医師の死刑宣告に絶望

ある日、定期健診で訪れた病院の診察室で、私はとうとう医者に自分の症状を告白しました。

すると医者は、涼しい顔をしながらこんなことを言うのです。
「糖尿病ですから。そういう症状は出ると最初に言いましたよね」

その横柄な態度に憤りを感じました。

そして、血糖値に変化がないことへの焦りと、事態が悪い方向にばかり進んでいくことへの恐れで頭がいっぱいになっていました。

「どうしたらいいのでしょうか?」

「どうしたらって。このままインスリンを打つことが基本ですね」

「先生、痩せるようにおっしゃいましたよね。その通りに減量しました。
 けれど血糖値は下がらない。本当に治るんですか?」

大人気ないことは判っています。しかし、その時の私は幾分パニックで
自分の事しか考えられない哀れな子供のようなものでした。

「治る治らないっていうことよりも、血糖値を抑えることが」

「だから収まってないじゃないか! 
 このままだとひどい糖尿病になってしまうんだろう!」

医師はふと顔を上げ、怒ったような表情になりました。

「だからインスリンを打つことが大事だと言ってるんじゃないですか。
 それとも、打つのやめますか?」

続けて医師は言います。

「打つのをやめて放置すると、すぐ糖尿病型の血糖値になりますよ」

医師のその言葉は、鋭い刃のようでした。
血糖値が変わらなくても、インスリンを止めたらもっと悪くなるぞ!

そんなこと医師に言われなくても判りきった話です。
私は絶望感にうちひしがれました。

どうしてそうなるんだ!突然つきつけられた離婚届

悲しいやら絶望やら、もう気力がなくなり、帰宅までのことはよく覚えておりません。
家でソファーに身を落としうなだれていると、心配した妻が隣にやってきました。

「頑張っていこう、一緒に。出来る限り協力するから」

協力ってなんだ。お前は病人じゃないくせに。と、怒りがこみ上げてきました。

「協力ってなんだ? お前が代わりに病気になってくれんのか? 他人事のくせに!」

私は医者にぶつけきれなかった思いを、
よりによってせっかく心配してくれた妻にぶつけてしまったのです。

それからは、目に見えて妻との関係がぎくしゃくし始めました。

妻は私が帰宅すると、すぐに自室に引き上げてしまいます。
また娘も同様、私の姿を認めるときまりが悪そうにどこかへ消えてしまいます。

当然のことです。仮に私が妻の立場でも同じような行動を取るでしょう。

妻との関係が不穏になり、3ヶ月ほど経ったときのことです。
仕事から帰宅すると、妻が神妙な面持ちでソファーに座っています。

すぐに部屋に戻らない妻の様子を見て、私はなんとなく察しがつきました。

近くの引き出しから、一枚の紙切れを取り出した妻。

離婚届けでした。

妻は搾り出すように言いました。

「私はあなたの役に立ちたかったし、ベストを尽くしたつもり。
けど、それで邪魔って言うのなら夫婦を続けている意味がないと思うの。離婚してください」

書類を突き出されても、まだ自分の病気のことで頭がいっぱいだった私は、
なぜ自分がこんな大変な時に!と憤りました。

その時はもう少し待ってほしいと伝えて回答を保留し、私は色々と思い巡らせました。

糖尿病ごときに負けてなるものか!ありとあらゆることを試すも・・・

妻とは病気になる前は本当に仲が良かった。
散々妻には世話になり、迷惑をかけた。
これからは私が妻に楽をさせてやる番なのではないか。

だとすれば、病気を治し、妻に恩返しをしなくてはならない。

糖尿病がなんだ。そんなことで離婚してなるものか。
徹底的に病気と闘って、勝ってみせる!
私は決意しました。

そしてその日から、私は何かに取り憑かれたかのように
ありとあらゆることを試してみたのです。

とくに力を入れたのが、運動でした。

食生活はもちろんですが、何よりも大切なのは
身体を動かし内側から変えていくことだと漠然と考えておりました。

仕事が終わったら普段はバスに乗って駅まで向かうところを30分かけて歩いたり。
休日はスポーツクラブでウェイトトレーニングをしたり。
地元の公共の温水プールで水中ウォーキングを試してみたり。

寝る前のストレッチに、朝は腹筋。
とにかくあらゆることを、言葉は悪いですが目くらめっぽうに、やりまくったのです。

当然その間もインスリンの注射は止めませんでした。
プラスアルファでもって、運動をしたのです。

ところが、体に少しずつ筋肉がついていることは実感するものの、
症状は全然変わらず、肝心の数値にも全く変化が見られないのでした。

偶然に出会った、ひとつの可能性

何をやっても体調がすぐれない私は、惰性で会社に行き
最小限の仕事だけして、陰鬱な生活を送っていました。

昔は夜の一家団欒で笑い声があふれていた家庭は、ほぼ崩壊していました。

「糖尿病にさえなっていなければ」と
怒りとも悲しみともつかない感情が、いつも心の中で渦巻いていました。

離婚の話はその後は進んでいませんでしたが、妻も娘も、私の顔色を見て
当たり障りのないように気を付けているのがわかっていました。

そんなある日、部屋の片付けをしていたときです。

散らかった雑誌を片づけようと手に取ると、
開いてあったページの記事にふと目が留まりました。

「体質や年齢に関わらず、糖尿病は短期間で改善できます」
それは本庄先生の「スーパー糖尿病改善プログラム」の記事でした。

手にとって、記事に紹介されていた実践者の完治までの道のりや、
内容の紹介を読むうち、もしかしたら自分にも効果があるのでは、という気が
ふとしました。

それまで真面目に医者にも通い、とことんインスリンも打ちましたが、
何をやっても全然良くならなかった数値。

でも最後にこのプログラムにかけてみようかという気持ちが湧き上がってきたのです。

身体の内側から浄化されていくような、不思議な感覚

早速取り寄せた私は、こんな方法で大丈夫なのか、と思いながらも、
真面目にプログラムを実施してみました。

そうして改善方法を取り入れてから1週間がたった頃のこと。
ちょっとだけ体調が良い気がしたのです。
なんとなく、重い体が若干軽くなったような…?

これは、いいかもしれないぞ!

とてもシンプルであり、だが非常によく練られているこのプログラム。
それを続けているうちに、確かな手ごたえと同時に
日々、内側から浄化されていくような感覚を私は持っていました。

そして次に病院に行った時、その理由がはっきりしました。
血糖値の検査結果が、なんと既定値以下だったのです!

自分の努力と、やってきた方法の効果が証明された瞬間でした。

しかも驚くべきは実践から検査結果までの期間です。
その期間、なんと一ヶ月半。

医師は「インスリンの成果が出たんですかね」などと、
とても驚いた様子で言っていました。

私は心の中で、「やはりこの医者は信用できない」と本気で思いました。

取り戻した平穏な日々。再確認した、家族の大切さ。

それからも続けること、数か月。
体調に関しても目に見えてよくなっていきました。

はっきりしない頭の中が、いきなり鮮明になったような感じ。

業務中に同僚や部下に話しかけられてもすぐさま理解できるまで復活し、
仕事のスピードに関してはすこぶる調子がよく、前よりいい感じです。

結果、もう私はインスリンを打っておりません。
血糖値が下がり、その必要がなくなったからです。

妻に状況を報告し、これまでの事を正式にわびました。
妻も首を振りながら理解してくれ、私のことを許してくれました。

今では週1回、娘も連れて家族で外食に行くようにしています。

もう、食べてはいけない食材もありません。
好きなものを好きなだけ食べています。

今は本当に幸せだ、と心から言うことができます。

私は人生、まだまだこれからというところで
思わぬことから、仕事も家族も失う一歩手前のところまでいきました。

ですが、「スーパー糖尿病改善プログラム」との出会いで
そういった試練を踏み台にし、正面から向き合えたのだと思います。

開発された本庄先生にはどんな感謝の言葉を述べても足りない程です。

今こうして昔以上に幸せに生活できるきっかけをくださった先生は、
まさに人生の恩人です。

簡単にできる、正しい糖尿病改善の方法がもっと広まれば
より多くの人達が私のように救われるのではないでしょうか。

世の中には、以前の私の様に辛く苦しんでいる方々が沢山いると思います。

でも、そんな糖尿病と闘っている方でも、
その苦しみから解放されて、楽しい毎日を送れるはずです。

私の経験をお読みになった方が、一人でも多く本庄先生の改善方法を試し、
よい明日への糸口を掴むことをお祈り申し上げます。

このプログラムとの出会いがなければ、
私はこれまでの人生を全て投げ出してしまっていたかもしれません。

本当に有難うございました。

糖尿病を根本的に治すのはどうして難しいのか?



では本題に入る前に、糖尿病の根本解決についてご説明します。
唐突ですが…

あなたは今までどんな糖尿病改善方法を試しましたか?

市販されている本や雑誌を読んで実践したり
整体など身体のケアを意識したかもしれません。

しかし、現実的に糖尿病は少しでも改善されたでしょうか?

おそらく、結果的にほとんど効果はなかったのではないかと思います。
効果があったらこのサイトは見ていないはずなので・・・

まず大切なのが、
間違った糖尿病改善方法は今すぐやめる、ということです。

間違った方法を実行すると、逆に、糖尿病を悪化させてしまったり
体にダメージを残してしまう可能性もあるからです。

ここでは、よく勘違いしやすい糖尿病改善方法を4つご紹介します。

間違いその1 運動療法に関して
糖尿病の治療には、運動療法が取り入れられています。運動療法は、ただ単に運動をすればいいというものではありません。誰もがいきなり今までやっていなかった運動をすれば、億劫になったり面倒になってしまいます。ですので、簡単に始められるウォーキングから始めてみるといいかもしれません。また、基礎代謝をアップさせるのも糖尿病を改善するのにいい方法だと言います。
また、仮に糖尿病だと判断されたとしても、実際に医師ができることはかなり限られており、薬を渡されてまたしばらく時間が経ったら様子を見せに来て下さい、というだけの対応をする病院も多いです。
間違いその2 食事療法に関して
糖尿病は、食事の内容によって血糖値が上がったり下がったります。バランスの摂れた食事を心がける事が大切ですが、意外に難しいものです。いろいろ調べていくと、食事療法だけで糖尿病が改善すると謳っているサイトなどもたくさんあります。ですが、糖尿病は食事療法だけで改善できるものではありません。情報を収集するのはいい事ですが、本当かどう科をしっかりと確かめることが必要です。
間違いその3 薬物療法に関して
糖尿病の種類によっては、医師から薬が処方されることも少なくありません。薬を服用しなければ、糖尿病を改善していくことができないために処方されているのです。糖尿病は治らないと言われていますが、治らない病気だからと言って処方された薬を服用しないとどうなるでしょうか。最悪の場合、命を落としてしまう可能性も考えられます。医師から貰った薬は用量と用法を守って、しっかりと服用していくようにしましょう。
間違いその4 ダイエットに関して
糖尿病の治療の一環でダイエットを勧められることも少なくありません。ですが、自己判断で糖尿病改善のためのダイエットをしてはいけません。主治医となる医師がいるはずですので、ダイエットをするのであればその内容を話し合う事が大切です。どの程度体重を落とすのか、ダイエットのタイミングなども人によって違ってきます。むやみにダイエットをせず、医師とよく相談しながらダイエットに励んでいきましょう。


いかがでしょうか?

もしかしたら、
これらの方法をいくつか実践したことがあるかもしれません。

糖尿病を何とかしたいと考えたことのある方でしたら
思いつきそうな方法なので仕方がないと思います。

では一体、糖尿病を改善するにはどうしたらいいのか?


しかし、もし効果が出ていなかったとしたら、考え方を変える必要があります。

実際に私自身、糖尿病改善に結びつくと考えられている
一般的な方法をたくさん研究してきました。

多くの現場に立ち会い、実際にどの程度糖尿病が改善されたのか
様々な角度から検証しました。

もちろん、ごく稀に糖尿病が改善される場合もあります。
それはそれでうれしい限りですが、なかなかうまくいかないのが現状です。

一番重要なのは少しでも根本的に改善できるかどうか。

もし効果がない方法をやり続けていても
糖尿病が進むことはあれ、改善することはありません。

一時しのぎばかりだと、症状が悪化する可能性もあることを知ってください。
根本的な解決にこだわることが重要なのです。

では、改善の見込みが薄い糖尿病対策やその危険性を理解したところで
次は正しい糖尿病改善の方法をお伝えします。

これから紹介する改善方法は、まさに盲点を突いた解決方法と言ったところです。
多くの方が、1週間~数週間程度で効果を実感しています。
 

54急にふくらはぎや足がつる症状がなくなりました!
新潟県 星 敏子様 48歳)

急にふくらはぎや足がつる症状がなくなりました。
薬に頼らなくても糖尿病の症状が軽くなったので助かりました。
ありがとうございました。



「糖尿病が辛くないとこんなに快適に生活できるんですね」 (栃木県 室谷様)
いただいたお手紙


54疲れが残らなくなりました
(千葉県 柴田 誠一様 42歳)

このプログラムを始めてからは、
疲れが残らなくなりました。
夜もよく眠れるようになったのも体にとっては良いのだと思います。
これからも続けていきます。

本当に効果のある糖尿病改善方法とは?



このように多くの嬉しい声が寄せられていますが、
では、私がどのように糖尿病症改善のアドバイスをしているのか?

私はアドバイスをする際、最初にその人の症状と原因を把握するようにしています。

その際に最も基本となるのが糖尿病のタイプですが、
非常にざっくりと分けると、大きく3つに分けられます。
 

「1型糖尿病」タイプ
1型糖尿病は、体内のインスリンの量がほぼないに等しい状態、もしくはインスリンの分泌自体が停止してしまっています。1型糖尿病を発症してしまうと完治が難しく一生付き合っていかなくてはいけなくなる事がほとんどです。また、血糖を自らコントロールする事ができない病気でもありますから、一日に何回かインスリンを投与する注射をします。1型糖尿病は、未成年や乳幼児に現れやすい傾向が強く、以前までは小児糖尿病とも呼ばれていました。稀ではありますが、成人になって1型糖尿病を発症するケースもあります。
「2型糖尿病」タイプ
1型糖尿病とは違い、膵臓がインスリンを作る事ができるにはできますが、その量はかなり少ないのが特徴です。分泌されるインスリンの量が十分な量ではないため、2型糖尿病となってしまいます。1型糖尿病が若い世代に多いのとは逆に、2型糖尿病は40歳を過ぎた中年世代に多い糖尿病です。巷で言われている糖尿病の約9割は2型糖尿病であると言っても過言ではありません。また、2型糖尿病は初期症状がほとんどなく、自分の体調の変化に気づきにくいという特徴もあります。
「妊娠糖尿病」タイプ
基本的に妊娠糖尿病は妊婦期間が終われば自然と治癒してくるものと考えられています。しかしながら、出産を終えたにもかかわらず血糖値が高い状態が続いていると、そのまま糖尿病へと発展していってしまう可能性もあります。妊娠糖尿病は、母体だけではなく胎児にも影響があるため医師と連携を図りながら、出産に備えていかなくてはなりません。

さて、大ざっぱにタイプを確認したら、次はその原因について考えてみます。

原因が分からなくては対策のしようがありません。
逆に、問題や原因が分かれば改善に大きく前進します。

各タイプごとの糖尿病の主な原因はこちらです。

「1型糖尿病」の原因
インスリンを分泌している膵臓にあるβ細胞が破壊されることによってインスリンが作られなくなります。ウイルスなどに感染することが原因であると言われていますが、本当の原因は未だにわかっていません。若い世代に起こりやすい糖尿病であるとも言われており、現に20歳未満に多く見られる病気です。また、何の前触れもなく突然発症するのが特徴で、発症すると急激に体調が悪化していきます。そのまま放置してしまうと糖尿病昏睡に陥ることもあります。早期の治療が大切な糖尿病であると言っても過言ではありません。
脳が委縮する、神経細胞が死滅するなどある程度特徴はあるものの、
原因が定かではない病気とされています。そのため、アルツハイマー型糖尿病に
効果を発揮する正式な薬がなく、薬だけでは現段階としては症状を遅らせる
などの治療しかできないという実情があります。
症状に応じて各人に合った
対応をとることで改善を目指していく必要があります。
「2型糖尿病」の原因
2型糖尿病は遺伝的な要因も大きいと言われています。また過度の食べ過ぎやアルコールの摂取の摂りすぎといった生活習慣の乱れから起こります。炭水化物やお菓子類、砂糖が多く含まれている食品、脂肪分の多い食事などを好まれる方は、2型糖尿病になりやすい傾向にありますので、十分な注意が必要です。食の欧米化が進んできた事によって、日本人の糖尿病患者も年々増え続けているのが現状です。
「妊娠糖尿病」の原因
妊娠中はホルモンのバランスなどが崩れることも多いのも事実。ですから、血糖値も上がりやすくなってしまっているのが原因で妊娠糖尿病になってしまいます。体内で上手くインスリンを作る事ができなくなると高血糖となり数値として現れてきます。インスリンが体内で作られない原因は一つではありませんンが、胎児が巨大児になる、羊水過多症に陥りやすいので、しっかりと治療を受けながら出産に臨むことが大切です。

さて、だいたいの糖尿病の原因がわかりましたか?

これは非常に大きく分類したものですが、
ひとつの目安にはなるかもしれません。

糖尿病改善のための簡単な4ステップ



では、この中に該当したが、一体どうすればいいのか?
本当に自分でできるのか、もしくは難しい知識が必要なのではないか?

と、思われたかもしれませんね。

この糖尿病改善方法に難しいことは何一つありません。

わずか4ステップでOKです!

簡単にいうと、次の通りに進めるだけです。
もちろんタイプ別に方法がありますが流れは基本的に一緒です。

簡単な4ステップ


この流れをふむだけで、
心身ともに健康になっていき糖尿病が改善されていきます。

これだけなら、あなたにもできると思いませんか?

糖尿病が改善されれば、
血糖値や食事に悩まされることもなくなります。
自由に好きなことをしても問題ありません。

基本を無視した意味のない方法ではなく
基礎をきちんと理解して糖尿病改善に取り組んでください。

正しい糖尿病改善方法に取り組むと、

体が軽くなったり、頭痛が改善されたり、動悸が改善されたり、
高血圧が改善される場合もあるんです。

本当に糖尿病を根本的に改善したい方に
ぜひ、読んでいただきたいと思っています。

プログラムの内容を一部ご紹介します。

短期間で糖尿病が改善する、その秘密とは?
どんな症状であっても糖尿病は改善できるものなのです。 。
それをあなたも今すぐ実感してみませんか?
こんなに調子が良くなるのか!とビックリするかもしれません。
糖尿病を悪化させやすい人、すぐ治せる人の違い
糖尿病がすぐ治った人達には“ある”共通項があります。
それをマスターできれば、たとえ三日坊主でも、気分が
ノッてなくても、面倒くさがり屋さんでも、全く関係ありません。
20秒でわかる!あなたの糖尿病の状態
あなたの糖尿病が、今どのような状態なのか20秒で把握できます。
現状を素早く的確につかむことで、無理なく短期間で
糖尿病を改善できるようになるのです。
糖尿病を楽にする2つのポイントとは?
本当に重要なポイントだけを意識することで、ツラい症状を緩和できます。
糖尿病改善において重要なことは、実はそれほど多くないのです。
95%の人がもっている「糖尿病に関する誤解」
「この薬を飲むしかない」「~なので病院で診てもらうべき」など、
多くの人が信じている“糖尿病に関する常識”は、ただの噂かもしれません。
本当はもっと効果のある方法があるのに・・・
糖尿病にとても効果のある“驚きの食材”とは?
食のプロも大絶賛!研究者もその効用に太鼓判を押す、糖尿病に効果的なく
食材があります。
意外に身近なものなので驚くかもしれません。
タイミングや食べ方がポイントです!
糖尿病で気分が落ち込んだ時でも、前向きになるコツ
ストレスが溜まっていると感じたら要注意!
カラダとココロはつながっているので、症状も悪化しやすいです。
ここではストレスを一発解消し、みるみる元気になるコツをお話します。
正確に知っておきたい糖尿病に関する知識
正しい知識は重要です。糖尿病について何となくしか知らず、
適当に対処しているうちにだんだん症状が進行していく
ケースを沢山見てきました。正確な理解が改善を早めるのです。
糖尿病が改善されると、他の病気も良くなるワケとは?
この方法を実践しているうちに、10年以上患っていた他の持病も治った
という嬉しい声を多数いただきました。

実は糖尿病が改善されると他の持病まで改善されるのにはワケがあります。
医者さえ知らない糖尿病改善の方法とは?
医者なら全てを知っている、というのは大きな誤解です。
糖尿病の苦しみを味わった者、そしてそれを乗り越えた者しか
お伝えできない方法があるのです。それは・・・

まずは、「糖尿病は絶対に良くならない」という思い込みを捨ててください。
そのためにも、知っておくと良いことがあります。

薬を全く使わずに糖尿病改善に成功した方法とは?
処方薬には即効性があるものもあり、一時的には楽になるものもあります。
ただ、それは単に症状を「抑え込んで」いるだけ。
根本から解決してしまえば、もう薬の副作用を心配する必要もありません。
糖尿病がツラくて寝られない方へ、不眠症の改善策
糖尿病で悩み、なかなか寝つけない日があるかもしれません。
そこで今回、不眠症対策も合わせてお話します。
この方法を知ればよく眠れるので、あなたも明日からスッキリ快適な毎日を送れます。
糖尿病を治す上で必要な「シンプルな4つの鉄則」
糖尿病を改善する上で理解しておくべき「鉄則」があります。
知っておくだけでも回復スピードが全然違う、その秘訣を大公開。
あなたは糖尿病改善の秘訣があるとしたら何だと思いますか?
糖尿病を改善して10歳若返った!
糖尿病を治した途端に「5歳若返ったね」「10歳は若く見える」
よく言われるようになります。身体に負担をかけていた日々と
サヨナラし、イキイキとした毎日を取り戻してください。
私は一生糖尿病を恐れなくてはいけないの・・・?
答えはNO!です。何歳からこの方法を始めても大丈夫。
今までうまく行っていなくても、心配しないでください。
あきらめる必要はありません。楽しく取り組んでいきましょう。
糖尿病原因を根本から断つ3つの方法
糖尿病を根本的に解決する3つの方法を紹介します。
これだけでも大幅に糖尿病が改善されるはずです。
まず手始めに行なっていただく改善方法です。
どの本にも載っていない、糖尿病に効果のある裏ワザ
これってホント?こんな方法が糖尿病に効くんですか? と思うかもしれません。
はい、本にも載っていないような裏ワザですが、
実はみるみるうちに良くなっていくのです…
糖尿病が良くならない理由はここにあった!
どれだけあなたが一生懸命努力しても、治す方向が間違って
いたらいつまで経っても良くなりません。時間のロスですね。
糖尿病改善への近道を学んで、そんな無駄を無くしましょう。
危険な糖尿病の特徴とは?
症状から見てすぐに入院した方がいい危険な場合もあります。
深刻な病気が原因である可能性も考えられるため、
適切な判断基準を持つことは重要です。
ココロもカラダもリラックスする音楽CD(冊子版のみ)
糖尿病改善に取り組む際、リラックスした環境で行なうことで
その効果は倍増します。
ここでしか手に入らない特製の音楽CDをつけますので、
これを聞きながら是非やってみて下さい。

これらは、あなたが手に入れるノウハウや知識の、ほんの一部です。

この糖尿病改善方法を実践した後のあなたの生活は
かなり楽しいものへと変化していくでしょう!

難しいことは何一つありません。
マニュアルの内容にしたがって進めていくだけです。

もう、無駄なお金を糖尿病対策のためにつぎ込む必要はありません。
これ以上、ストレスを抱えて糖尿病の事で悩む必要もありません。

自分が糖尿病の事で悩んでいたことさえも忘れてしまうかもしれません。

糖尿病を改善できる人と改善できない人の違いは、
「この方法を知っているか?知らないか?」
それだけの違いだったのです。

実際に「スーパー糖尿病改善プログラム」を実践し、症状が改善された方からは

・食べたい時に好きなものを食べられるようになった!
・インスリンを持ち歩く生活から解放された!
・会社で働いても疲れず、朝から晩まで集中力が持続する!
・合併症になる心配から解放されストレスがなくなった!
・自分が健康になったことを家族が喜んでくれた!
・友達に飲みに誘われた時に断らなくて済むようになった!
・毎月高額な医療費がかかっていたが、一気に減った!
・運動しても疲れにくくなり、草野球のチームに復帰した!
・糖尿病で悩んでいる友達からも相談され、力になれた!
・暗くなっていた自分の性格が以前のように明るくなった!
・夜になって足がむずむずすることもなくなり、よく眠れる!
・朝食前に気軽にジョギングができるようになった!
・ご飯を食べるときにカロリー計算をしなくて済むのが楽!
・家族との仲もよくなり、連休に子供達と旅行に行った!
・いつでも頭がクリアなので、自分に自信がでてきた!
・浮いた医療費で自分の趣味であるピアノに再び通い始めた!
・家族から何かと指示されなくなり、ストレスが消えた!
・外出中にインスリンをこそこそ打たずに済むようになった!
・寿命が延びた感じがして、、幸せを実感する毎日です!

など、多数の喜びの声をいただいています。

もう、悩むことはありません。
糖尿病を改善すると生活が本当に楽しくなりますよ!

糖尿病に悩まされなくて済む人生を手に入れることの価値



これまで実践を重ねて多くの方に効果を実感していただけるように
試行錯誤を繰り返してやっとの思いでできた糖尿病改善方法です。

なので、全ての内容を一般に公開することには躊躇しなかった、というと嘘になります。

内容制作にあたり、私が多額のお金と膨大な時間をかけて
発見した方法をあます所なく盛り込みましたし、
一般の書店などでは手に入れることができないものですから・・・。

そして、実際に糖尿病で悩んでいる多くの方に効果のあった“本物の内容”です。

血糖値を抑えるためにかかる費用というのは、毎月発生するものなので
根本的に良くならない限りは一生ついてまわる出費ですが、
このプログラムなら、手術するような身体的な負担も無いですし、
病院に通う手間と費用を大きく節約できます。

あなたならこの内容に一体いくらの価値をつけますか?

医療機関、副作用のある薬などを使わなくなるということは、
それだけでも年間何十万円の出費を抑えることにつながるのです。

こう言われると、「10万円くらいするのでは?」と思われるかもしれません。
確かに、得られる効果としてはその金額の何倍もあることは事実です。

しかしいくら改善する人が後を絶たないプログラムであっても、
そんな値段では始めの一歩を踏み出すには勇気が必要になってしまいます。

そこで、かなり悩みましたが、「糖尿秒は絶対改善できないものではない」と
あなたにも知ってもらえるような、手ごろな価格にしようと考え、
本気で治したい方なら喜んでいただける、定価24,800円とさせていただきました。

月に換算すれば2,000円程度。頭の回転が早い方であれば、
この方法がどれだけ経済的か、ご理解いただけるかもしれません。

もちろん、この価格が妥当かどうかはあなた自身が判断し決めてください。

でも、これまでどんなに試しても治ることのなかった糖尿病の苦しみ・・・
きっとこれが最後になります。

今だけ!「糖尿病改善プログラム」バージョンアップキャンペーン!



さらに、ビッグニュースがあります。

この度、実践者の皆さんから寄せられた効果的なアイデアをさらに盛り込み、
内容をさらにバージョンアップしました!

このプログラムは糖尿病で悩んでいる人が、「これさえ読めば改善できる」
そんな内容にしたかったからです。

それには、1人でも多くの方が気軽に始められて、短期間で改善できて
喜んでいただける価格でなければ意味がありません。

ですから、より多くの人に自宅でできる糖尿病改善法を知っていただきたく
バージョンアップの記念キャンペーンを期間限定で行うことにしました。

今回、覚悟を決めてあなたにご提供したいと思います。
今だけですが、ほぼ半額の12,800円としました!

greenこのプログラムを手にした後には一切費用がかかりませんし、
病院と違って、毎回お金を支払う必要はまったくないのです。

正直言うとこの価格はとても非常識な金額だと思います。
しかし、あなたと同じように糖尿病で悩み、改善策がわからずに
クタクタになって私に相談してきたある人の顔が目に浮かんだのです。

その瞬間、この内容を一人でも多くの糖尿病に悩む人にお伝えし、
糖尿病を治してもらうこと”が私にとって一番大切なことだと改めて確信しました。

ちなみにその人は、今ではすっかり血糖値が正常に戻り、
「毎日が本当に楽しくなった」と嬉しい声を聞かせてくれています。

あなたにもいち早くこのプログラムを実践して糖尿病を改善し、
ストレスのない幸せな人生を歩んでいただきたいと心から願っています。


ただし、特別価格でのご提供には数量を限定させていただきます。
限定数の50部を超えた時点で24,800円になります。


ここまでお読みいただけた方であれば、
目の前にあるチャンスがいかに大きいものか、もうご理解いただいているはずです。


体に良くない方法、体に合わない方法を無理に行わなくても、
糖尿病を改善できる方法があるということを実感していただきたいと思います。

この糖尿病改善プログラムはこちらから簡単にお申し込できますので、
もし一日でも早く糖尿病から解放されたいのであれば、
今すぐにこの内容をお試し下さい。

syozai01syozai01


4月3日現在、特別限定価格でのご提供は残りわずかです  

haisou-sentaku

※本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではありません。

kessai03

特典をご用意しました


糖尿病改善に落ち着いて取り組んでいただける、プレゼントをご用意しました。
本来であれば直接アドバイスをしている方にのみお渡ししているこれらの資料を、
無料でプレゼントいたします!!

ただし、最初に決断された50名様への限定配布とし、
定員に達し次第予告なくサイトから削除させていただきますのでご了承ください。
 


 
このマニュアルは、これまで様々な方にアドバイス差し上げた内容をもとに、
様々なケースに対応できるよう豊富な内容を盛り込んでいます。
しかし、今までほぼ全ての方が糖尿病を改善できたとは言っても
油断はしておりません。常に最新の情報収集を心掛けており、もし
新たに内容を付け加えることがありましたら、
バージョンアップ
したものをご登録いただいたメールアドレスにお送りします。

 

 
糖尿病の度合いや原因を把握するためのチェックリストです。
チェックリストあなたの現状を判別するのに非常に役に立ちます。
状況によって対処方法や対策が違ってきますので、この
チェックリストの利用により意味のない手を打たなくて済みます。
また、糖尿病改善後の確認をする時にも役立ちます。
是非、活用してみてください。

 

 
なんと、今回のプログラムでご紹介している「特別キャンペーン」に
キャッシュバック参加していただければ、2,500円をプレゼントさせていただきます。
ただし、こちらは先着20名様限定のキャンペーンとなります。
全員に応募資格があり、応募すれば2,500円を差し上げるという、
超お得なキャンペーンです。
詳細はプログラムの中にも記載が
ありますので、是非この機会にキャッシュバックを手にして下さい。

 

 
現代はストレス社会でほとんどの方がストレスを抱えています。
ストレスを抱えると体に様々な不具合が発生してしまいます。
そのせいで更に体調が悪化してしまった人が最近増えています。
そんなストレスとうまく付き合って毎日をスッキリと過ごして
いただきたい、そんな気持ちを込めてこのCDを作りました。
これを聞きながらリラックスして糖尿病を改善して下さいね。
※冊子版の購入者の方のみ入手していただけます。

 

 

 

 

よくいただく質問をまとめました。

 

教材はどのような形式で受け取れるのでしょうか?

ダウンロード版は、ご入金確定後メールにてダウンロード先を
ご案内させていただきます。パソコンにてご確認いただけます。
冊子版は、梱包された冊子と【期間限定の特製CD】が入った
パッケージがお手元に郵送される形となります。

事務局も経費を一部負担し、印刷代・送料事務手数料などを
全て含め2,400円でお送りしているため、大変好評です。

家族に、購入した中身を知られたくないのですが・・・

ご安心ください。プライバシーには最大限に配慮するため、
通常の書籍を購入したのと同様の梱包にしておりまして、
商品名などは外側に一切記載しないよう工夫しています。
外から見ただけでは何が入っているのか分からないように
なっているため、配達員の方も、ご近所の方も、ご家族の方も
開封しない限りは中身が分からないようになっています。

インターネットでの申し込みがちょっと不安です。

もしインターネットでのお申込み自体に対して不安をお持ちなら、
その点はご安心ください。お使いのウェブブラウザーとサーバ間の
通信は SSL暗号通信により暗号化されているため、ご記入いただく
内容はすべて安全に送信されます。
クレジット決済がどうしても
気になる方は、若干タイムラグが発生しますが、銀行振り込みや
郵便局、コンビニでも対応しておりますのでそちらをご利用下さい。

先に払うのは不安なので、商品と引き換えに支払ってもいいですか?

はい、大丈夫です。商品と引き換えにお金を配達員さんにお渡しいただく
「代金引換郵便」も可能です。その際は通常の金額に加えまして、
代引手数料350円だけご負担いただくことになりますのでご了承ください。
配送の件など、ご質問に関しては【電話代無料】の0120-972-948まで
事前にお問い合わせいただきますとより確実です。
電話はちょっと・・・
という場合、お問い合わせページよりお気軽にご質問ください。

時間や場所の制限はありますか?

苦になるようなやり方、ストレスを感じるような方法では実際には
長続きしません。これまで実践されてきた多くの方がそうおっしゃって
いますが、それでは毎日が憂鬱になってしまいますよね。
今回私がお伝えする方法は時間や場所を選びません。場所も自分の部屋で
大丈夫ですし、リラックスをした環境で行なっていただいて大丈夫です。
そんな時に付属のCDもお役に立てると思います。

配送方法、配送時間の指定などについて相談できますか?

もし何かご事情があり、確認されたい内容がありましたら、お気軽に
フリーダイヤル 0120-972-948 までご連絡ください。デリケートな
内容を扱っておりますので、出来る限りご要望にお応えしていきたいと
考えております。
受付時間外の場合も、メッセージをお残しいただければ
改めてご連絡差し上げることも可能です。

こんな私でも本当に今のつらい症状をなくせますか?

このページにも実践者の方の喜びの声を多数掲載しておりますが、
皆さん個々のシチュエーションは違っても、抜群の成果が出ています。
非常に多くの方に“糖尿病改善のバイブル”として使われている
実績があります。もしひとつだけ、成功した皆さんの間に共通項が
あるとすれば、それは「今の状況を変えたい!」というご自身の思いを
受け止め本気で実践した方々である、ということが言えると思います。

 


 

 

皆さんの喜びの声をご紹介します!


Mr.体が楽になったので本当に助かっています
愛媛県 瀬戸 洋平様 50歳)

糖尿病のせいで、ひどく喉が渇いて水分をたくさん摂るため、
夜中に何度もトイレに起きる状態でした。

また、熟睡できないので昼間にボーッとしてしまって困っていました。

その他にもすぐにむくんだり、
疲れがとれにくいなどの症状もありました。

もちろん病院で薬をもらって飲んでいましたが、
何か自分なりに改善する方法はないかと探していて見つけたのが、
この大逆転!スーパー糖尿病改善プログラムでした。

とりあえず病院での治療をしながらもできそうだったので、
早速始めたところ、まずは体のだるさがとれてきました。

それと、喉の渇きが軽くなったので、
しょっちゅう水分を摂らなくても済むようになりました。

症状が軽くなっただけでもかなり体が楽になったので、
本当に助かっています。



「先生を信じて続けて本当に良かったです」 (香川県 岸様)
いただいたお手紙


54顔色も悪かったのですが最近は健康的になりました!
大阪府 門田 茜様 35歳)

けっこう食べているのに体重が減って、
顔色も悪かったのですが最近は健康的になりました。
これも大逆転!スーパー糖尿病改善プログラムのおかげです。
ありがとうございました。


54足のムズムズが解消しました
熊本県 大森 花江様 58歳)

糖尿病のせいで夜に足がムズムズして気持ち悪かったんです。
いろいろ試したけどいま一つ効果がなくて困っていたのですが、
この改善法で解消しました。


54健康診断で血糖値が下がっていたのには驚きました!
(東京都 宮田 健一様 37歳)

肥満体形だから糖尿病も仕方ないと思いつつも、
悪化させないためにこの改善法を始めました。
始めてから半年経った時点での健康診断で、
血糖値が下がっていたのには驚きました。


54むくみがなくなったようです
(宮崎県 加瀬 博則様 47歳)

この糖尿病改善プログラムを実行したらむくみがなくなりました。
自分では気付かなかったのですが、周りから言われて実感しました。


54便秘や下痢が解消できてとても助かりました!
(東京都 島田様 31歳)

便秘や下痢を繰り返していたのが解消できてとても助かりました。
検査での数値も下がってきましたし、
これからも継続していこうと思っています。


54半年ほどで数値が下がってきたので安心しています
広島県 松田 航平様 31歳)

まさかこの年齢で糖尿病と診断されるとは思わなかったのでショックでした。
なんとかしないとと、この改善術に飛びつきました!
早く始めたのが良かったのか、
半年ほどで数値が下がってきたので安心しています。


54今では誰かに勧めたい気持ちでいっぱいです!
富山県 三井 由紀様 44歳)

実は最初は少し疑いの気持ちがあったんです。すみません(笑)。
でも実際にやってみてちゃんと効果があったので、
今では誰かに勧めたい気持ちでいっぱいです!


54熟睡できるので最近は体調も良好です
秋田県 高橋 芳治様 53歳)

夜に足がつって目が覚めるためいつも睡眠不足で困っていましたが、
大逆転!スーパー糖尿病改善プログラムのおかげでそれがなくなりました。
熟睡できるので最近は体調も良好です。


541週間ほどで喉が渇かなくなりました!
和歌山県 石崎 広美様 51歳)

異常な食欲や喉の渇きで困っていたところ、
知人に大逆転!スーパー糖尿病改善プログラムを教えてもらいました。
とりあえず試してみたら1週間ほどで喉が渇かなくなりました。
続けたらもっと良くなりそうですね。


54数値が下がっていると医師に驚かれました
(埼玉県 藤平 直孝様 40歳)

もう5年ほど、会社の健康診断で糖尿病だから
気をつけるように言われ続けていましたが、
この方法を実践したら数値が下がっていると驚かれました。


最後に、お伝えしたいこと



糖尿病は、あなたや大切なご家族の人生から自由を奪い、
様々な形で生活にストレスをもたらします。

もし、こんな糖尿病が今すぐ改善されたら・・・

進行を遅らせつつ生きていくしかない、とあきらめてしまい
現状を受け入れるのではなく、少しでも良くしたいですよね。

しかし、それは夢ではなく、自分次第でできるものなのです。

みなさん、最初は
「本当に、私でも糖尿病を改善することができますか?」と
不安そうな顔をしています。

しかし、実際に糖尿病の症状がとても軽くなってしまった時、
まるで、子供のように嬉しくて大喜びしてしまうでしょう。

そして、この糖尿病改善プログラムは、
今までに糖尿病を改善した方々と同じように
あなたの悩みも解決してしまう自信があります。

何も対策をとらないと、だんだん症状が悪化していくだけというツラい現実。
多くの方が実践してきたこの内容をあなたも試してみませんか?

もし、あなたが、
「いつまでも悩まず、この機会に糖尿病改善に取り組みたい!」
と思うのでしたら、全力でバックアップさせていただきます。

ここまでお読みいただき、本当にありがとうございました。

syozai01syozai01

4月3日現在、特別限定価格でのご提供は残りわずかです  


お問い合せはこちらから